プロモe-キャッシュって?

電子化するメリット
・紙の商品券と違い、回収処理業務が不要になるので、コスト削減になります。
・リチャージも可能で顧客の囲い込みに繋がります。
・販売管理、会計、情報分析が容易になります。
       …etc

 

 アメリカでは90年代後半に商品券の運用コスト削減を目的としてスタートし、現在はもっとも代表的なギフトアイテムとして普及しています。年間取扱額は、紙の商品券3兆38億円に対し、プラスチックカード型は45兆円(2003年のアメリカの年間取扱額)となり、急成長を遂げています。現在、小売業の8割以上がギフトカード(プラスチックカード型)を導入していると言われています。
 日本でも一部企業で既に導入が開始されており、他社との差別化や売上拡大、顧客サービス向上に繋げています。


 【プロモe-キャッシュ】は、「オンラインギフト・プリペイドカード」の国内最大実績を持つ【バリューカードASPサービス】を使い、「オンラインギフト・プリペイドカード」の導入から製造、残高管理、履歴管理、プロモーションサポートまでをワンストップでご提供するサービスです。  
【プロモe-キャッシュ】3つのかたち 【プロモe-キャッシュ】の特徴
Copyright(c) 2011 AdScope CO., LTD. All Rights Reserved.